歯科衛生士|助手の求人・転職のお手伝い シカリク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ新予防法 意識して“ごっくん”をすること

爆発的な増加を見せているインフルエンザ。予防接種を受けていたはずの滝川クリステルもダウンした。ワクチンでも完全な予防にはならない…とすると、大事なのは日々の予防策。体の内側から外側から、毎日簡単に実行できる新対策を専門家の方々に聞きました。

【外出時はマスク+ガムでWブロック!】
人間の唾液には外敵から身を守る殺菌・抗菌成分が含まれている。杏林大学名誉教授の石川恭三さんはこう語る。
「ガムを噛むと唾液の分泌が促され、口内を殺菌しながら乾燥も防ぎます」

【濡れタオルでウイルスをキャッチ】
部屋の中で濡れたタオルをぶんぶん振り回す方法を勧めるのは水嶋クリニックの水嶋丈雄院長。
「ウイルスがタオルに付着し、室内のウイルスを少しですが減らせます」
ただし振り回したタオルは、漂白剤で殺菌してからすぐに洗濯機へ。

【うがいよりも歯みがきが大事】
ウイルスは15分で細胞内に侵入するため、実はうがいはウイルスがのどにはいった直後にしなければあまり意味がないともいわれる。東京歯科大学名誉教授の奥田克爾さんは、
「ほとんどの細菌はうがいで洗い流すことは難しく、きちんとした歯みがきが必要。歯の間や歯と歯茎の境目など細菌のたまりやすいところはていねいに磨いて」という。
歯みがきをていねいにすることで、インフルエンザの発症率が10分の1に抑えられたというデータもあるという。

【お茶や紅茶はちょびちょびと飲む】
緑茶や紅茶に含まれるカテキンはウイルスをのどの細胞にはいり込ませない作用がある。
「さらに、ちびちびと飲めばのどが何度も“ごっくん”となり、うがいでは届かないのどの奥までカテキン成分が届きます」(石川さん)。
意識して“ごっくん”してみよう。
スポンサーサイト

来年度の平均手数料は85.50円に-支払基金

社会保険診療報酬支払基金は1月31日に記者会見を開き、来年度の全レセプトの平均手数料を今年度の90.24円から4.74円減の85.50円にすると発表した。

 来年度の医科・歯科レセプト1件当たりの手数料は、保険者がレセプトをオンラインで受け取る場合は101.40円(今年度比2.60円減)、電子媒体、紙媒体で受け取る場合はそれぞれ108.20円、114.20円(共に据え置き)。一方、調剤レセプトの手数料は、オンライン受け取り分が44.40円(今年度比2.60円減)で、電子媒体、紙媒体受け取り分はそれぞれ51.20円、57.20円(共に据え置き)とする。

 支払基金が13日に決定・公表した来年度から15年度までを対象期間とする「支払基金サービス向上計画」では、15年度の支出額を737.7億円(今年度予算比10.6%減)以下、全レセプトの平均手数料を80.0円(同11.3%減)以下にすることを掲げている。
 これを基に支払基金では、来年度予算見込み(概算)で支出額829.2億円(同2.1%減)などを計上し、レセプト件数の見込みも踏まえて平均手数料を設定した。

 支払基金は、4月からの突合・縦覧点検の実施などを踏まえ、コストと手数料の対応関係を明確化するために手数料の算定方法を見直す方針を打ち出している。具体的には、調剤レセプトの手数料を医科・歯科レセプトの手数料と同額に設定することなどを検討しており、見直しに向けて保険者団体と協議していく考えだ。

選挙:上峰町議選 告示 10議席に13人立候補 /佐賀

◇「現・前町長派」議席数が焦点
 任期満了に伴う上峰町議選(定数10)は11日告示され、現職、新人6人ずつ、元職1人の計13人が立候補を届け出た。現在、武広勇平町長を支持する町議は2人にとどまっており、議会勢力図がどう塗り替えられるかが焦点となる。
 立候補者の内訳は、公職選挙法違反(寄付行為の禁止)で公民権停止3年を含む有罪判決が確定し09年2月に失職した大川紀男前町長を支持する候補は7人、出直し町長選で当選した武広町長を支持する候補は6人。
 出直し町長選では現在の9議員中7人が武広町長の対立候補を支持し、武広町長は当選後、副町長や教育委員の人事案や補正予算案を否決されるなど、苦しい議会対応を強いられている。
 また、町議会は昨年12月、13年前の職員採用試験作文差し替え騒動で、30代の男性職員を偽証容疑で刑事告発することを決めているが、今回の選挙結果は今後の動きにも影響しそうだ。
 投票は16日、町内4カ所であり、開票は午後8時50分から町体育センターで。期日前投票は15日まで午前8時半~午後8時、同町役場。10日現在の有権者数は7255人。【遠藤雅彦】
………………………………………………………………………………………………………
 ◆立候補者
 ◇上峰町議選(定数10-13・届け出順)
江越幸敏 63 [元]町職員  無新
松田俊和 62 農業      無現
松田俊和 62 農業      無現
漆原悦子 60 町社協理事   無現
吉富隆  70 団体役員    無現
碇勝征  68 団体役員    無新
寺崎太彦 45 歯科技工士   無新
橋本重雄 64 [元]町収入役 無新
岡光廣  64 農業      無現
中山五雄 64 [元]会社社長 無現
原槙和彦 66 農業      無現
林真敏  70 公民分館長   無新
原田希  31 会社員     無新
大川隆城 59 飲食業     無元

成人式:大人への門出祝う 静岡で一足早く /静岡

静岡市で3日、一足早く成人式が行われた。会場となった同市駿河区のグランシップには、新成人約960人が集まり、大人への門出を祝った。
 式は市主催の式典と実行委員会主催のイベントの2部構成。式典では、小嶋善吉市長が「20歳は人格形成の途中経過。柔らかな感性を生かし、いろんな人と出会ってほしい」と祝辞。新成人を代表して静岡大学教育学部2年、杉山大祐さん(20)と、東京医科歯科大学医学部2年、滝綾乃さん(20)が「高く厚い壁を前に足がすくむことがあっても、次世代の担い手として精いっぱい努力していく覚悟です」と応えた。
 式後、新成人たちは友人らとの再会を喜び合い、記念撮影したり、思い出話に花を咲かせたりした。県によると、11年の新成人は、男子1万8934人、女子1万7888人の計3万6822人(昨年比1394人減)。【平林由梨】

母子保健 東京で奨励賞の表彰式 15人受賞

母子保健の発展と向上に活躍した個人をたたえる第32回母子保健奨励賞(日本母子衛生助成会・母子保健功労顕彰会主催、母子衛生研究会・家庭保健生活指導センター協力、厚生労働省・全国衛生部長会・毎日新聞社・NHK後援、日本ケミカルリサーチ協賛)の表彰式が18日、東京都文京区の東京ガーデンパレスであった。同顕彰会の古川貞二郎会長から受賞者15人に表彰状が手渡された。

 毎日新聞社賞を受賞した歯科衛生士、内記敬子さん(53)=岩手県、写真右▽保育士、赤松邦子さん(51)=奈良県、同左▽保健師、恒松みゆきさん(53)=熊本県、同中央=には、河野俊史毎日新聞編集局長から表彰状とブロンズ像が贈られた。受賞者を代表して内記さんは「日々自己研さんを積んでいく必要を痛感している」と語った。

 受賞者はこの後、東宮御所(港区)を訪れ、皇太子さまからお祝いと励ましを受けた。40分間の懇談で、赤松さんから母親運営の母子サークルの話を聞いた皇太子さまは「自治体がやれないような細やかなことをなさっているのですね」と語ったという。
プロフィール

デンタルハイジェスト

Author:デンタルハイジェスト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
フィードメーター - 歯科衛生士求人

ページビューランキング
スカウター : 歯科衛生士求人

  • seo

あわせて読みたいブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT

ブログランキング
--PR--
下着 通販
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。