歯科衛生士|助手の求人・転職のお手伝い シカリク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野監督「お客をKO」も…雑誌では低評価

 南仏で開催中の第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された北野武監督(63)の最新作「アウトレイジ」(6月12日公開)が17日(日本時間18日未明)、市内のグランド・リュミエール劇場で公式上映された。約3分間のスタンディングオベーションを受け「見事にお客をKOした」と会心の笑み。一方、映画雑誌が掲載した「星取表」では意外に低評価。常に賛否両論渦巻く、北野作品らしさを際立たせた。

 メーン劇場に満員の2300人が詰めかけたソワレと呼ばれる公式上映会。エンディング・ロールが流れると大きな拍手に包まれた。北野監督は照れくさそうに頭をかき、観客に両手で退席を促したものの、拍手は続いた。99年、同部門に出品された「菊次郎の夏」の時の5分には及ばなかったが「反応の良さは “HANA―BI”“座頭市”“菊次郎”と並んでベスト4に入るんじゃないかな」と手応えをつかんだ。

 上映中は、石橋蓮司(68)が演じるやくざが歯科医のドリルで口を攻撃されるなど“痛い”シーンの連続。だが石橋が次の場面でこっけいなマスクをして登場すると、悲鳴から一転して爆笑の渦。お気に召さなければ大きな音を立てて席を立つ観客も少なくないカンヌだが、退席者はわずか。北野監督は「やったと思ったね。(観客は)しびれて席を立てなかったんじゃないの」としたり顔だ。

 レッドカーペットにはタキシード姿で登場。60回の記念開催に招かれた3年前には、はかまにちょんまげのかつら姿で笑わせたが、今回はシックに決めた。最高賞パルムドール獲得の期待もかかるが、これには慎重。絶賛されながら無冠に終わった「菊次郎…」がトラウマといい「賞に関してカンヌに期待することはない。700~800本の映画の中からコンペに選ばれること自体凄いこと」と謙そんした。

 「アウトレイジ」は既にフランス、ロシアでの配給が決定するなどセールスも好調。3月にフランスの芸術文化勲章の最高章コマンドールを受章し、追い風が吹いているのも事実だ。故黒澤明監督が受章したオフィシエよりも等級が高いことから「“世界のクロサワ”を超えた?」との指摘を受けたが「相変わらず手の届かない存在。追い越すなんてずうずうしいけど、その3歩4歩下に位置づけされるようになりたい」と謙虚に語った。授賞結果は23日夜(同24日未明)に発表される。

 ≪日報「SCREEN」は8作品中で最低平均点≫仏フィガロ紙は「“菊次郎の夏”を撮った監督とは思えない」と指摘。各国のプレスがコンペ出品作を4点満点で評価している日報「SCREEN」では、記者9人の平均が18日までの8作品で最低の0・9点。英、伊、豪の3人が1点を表すバツ印を付けた。この日までの最高はマイク・リー監督の「ANOTHER YEAR」の3・4点。昨年は前評判の低かったパク・チャヌク監督の「渇き」が審査員賞を受賞している。


詳細はこちら

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

デンタルハイジェスト

Author:デンタルハイジェスト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
フィードメーター - 歯科衛生士求人

ページビューランキング
スカウター : 歯科衛生士求人

  • seo

あわせて読みたいブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT

ブログランキング
--PR--
下着 通販
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。